mawari

Webinar
ARを活用した
ポスト
コロナ
時代の非接触型
の顧客体験
2021年9月29日(水)
13:00-14:00
WEBINAR AR
ウェビナーに申し込む

開催概要

長引くコロナ禍、企業の消費者に向けた情報発信の方法にも、より一層の工夫が求められています。本ウェビナーでは、昨今注目されるAR(拡張現実)技術を活用した顧客コミュニケーションの国内外の実例を多数紹介、その有効性や従来手法との違いを探ります。

非接触型の体験でありながら、現実と同等以上の没入感と高いエンゲージメント効果をもたらすARを、どのようにデザインし提供したら良いのか?その効果はどのように測定できるのか?測定したデータをどのように活用し、ビジネスの成長に結び付けられるのか?

この領域における世界的リーダーの1社である8th Wall社(米シリコンバレー)のプロダクト担当副社長・TOM氏を招き、その日本唯一のオフィシャルパートナーであるMawari社の提供する国内事例も交えながら、今まさに旬を迎えたAR体験型キャンペーンの全貌を解き明かす、デジタル戦略責任者/担当者必見のウェビナーです!

このような方におすすめ

  • コロナ禍でのPRや集客施策を考えている
  • 顧客とのエンゲージメントを高めたい
  • 店舗来店施策を探している
  • 非接触の体験を提供したい
  • 自宅での顧客体験を探している
  • 商品自体をARでリアルに伝えたい
  • イベントの代わりにAR体験を提供したい
  • アプリではなく、スマホのWeb上でARを展開したい
  • ARの行動データをマーケティングに活かしたい
  • 国内外のARの成功事例を知りたい
  • 今注目のメタバースの将来を知りたい

プログラム

Program 1 / 挨拶 / Mawari CEO ルイス・オスカー(日本語)
Program 2 / ARの活用方法と事例紹介 / Mawari CBO 谷田部丈夫(日本語)
Program 3 / 世界中で使われる8th wallとは? / 8th Wall トム・エムリッチ(英語翻訳)
Program 4 / ルイスとトムによるトークセッション / ARとメタバース(英語翻訳)
Program 5 / 質疑応答(日本語)

セミナー概要

日時 9/29 WED 13:00-14:00
対象者 マーケティング、PR、ブランディング、EC、プロダクト、店舗、イベント等のご担当者
開催場所 オンライン ※登録者にZOOMのURLを送ります。
言語 日本語(英語箇所には翻訳あり)
参加費用 無料
主催 株式会社Mawari
協力 8th Wall Inc.(USA)、株式会社アドウェイズ
ルイス・オスカー・ラミレス

ルイス・オスカー・ラミレス

Luis Oscar Ramirez

株式会社Mawari CEO

Luisはマーケティングおよびクリエイティブ領域の技術者として10年以上の経験を持ち、一貫して広告とブランディングとデジタルの3分野の間を橋渡しすることに取り組んできました。米国での起業やシンガポールのIoT/XRスタートアップを経て、2017年に株式会社Mawariを設立。現在はその最高経営責任者として、AR/VRコンテンツおよびユースケースの開拓と普及に尽力しています。5G、クラウドレンダリング、XRストリーミングなどの先端技術を活用した多数のR&Dプロジェクトをリードし、高いクオリティだけでなくスケーラビリティをも次世代レベルに進化させるAR/VR配信テクノロジーの開発を進めています。メキシコ生まれ、日本ベースの活動は8年目。

トム・エムリッヒ

トム・エムリッヒ

Tom Emrich

8th Wall Inc. プロダクト担当副社長

拡張現実感(AR)、仮想現実感(VR)、ウェアラブル技術の分野におけるパイオニアであるTomは、これまで10年以上にわたり、世界各国の大手ブランドを含む顧客に向けてAR/VR関連の新技術の活用戦略を提示し、その実現のための技術チームをリードしてきました。現在、8th Wallのプロダクト担当副社長として、ブラウザ上でWebARおよびWebVRコンテンツを作成するためのデベロッパー向けツールの戦略構築と開発をリードしています。8th Wall参画以前は、この領域に特化した初のVCファンドであるSuper Venturesのファウンディングパートナーを務め、またWe Are Wearables社のファウンダー、および世界No.1のAR+VRイベントシリーズであるAWEの共同プロデューサーとして、AR/VRエコシステムの構築に当初より重要な役割を果たしてきました。

谷田部 丈夫

谷田部 丈夫

Takeo Yatabe

株式会社Mawari CBO

これまで20年以上に渡り、クリエイティブディレクター及びデータコンサルタントとしてNike Japan、NHK、avex、JTB、Roland、MUTEKなど数々のクライエントのプロジェクトに携わり、成功に導いてきました。デジタルステージの「LiFE* with PhotoCinema」の開発プロジェクトに携わり、ソフトウェアとしてグッドデザイン金賞を受賞した他、カンヌ国際広告祭では、Sony「Rec You」で金賞、Nike「If you were a boy」で銅賞を受賞。また企画を担当をしたNHK WORLDの番組「HAIKU MASTERS」が、ドイツのWOLRD MEDIA FESTIVALでインターメディア・グローブ金賞を受賞。現在は株式会社Mawariの共同ファンダーとして、AR/VRにおけるエクスペリエンスおよびエンゲージメント設計を担当、新規ビジネスの開発を行っています。